保育士就職支援金貸付事業

福祉人材無料職業紹介事業に係る苦情対応内規

 (目 的)

第1条 この内規は、社会福祉法人山口県社会福祉協議会が設置する福祉人材センター(以下「センター」という。)が受ける苦情の対応について、その責任体制を明確にするとともに、対応のルールを定め、適切な苦情対応を図ることにより、福祉人材無料職業紹介事業を適切かつ円滑に運営することを目的とする。 

2 センターの福祉人材無料職業紹介事業に係る苦情への対応は、「社会福祉法人山口県社会福祉協議会福祉サービス苦情解決規程」によるほか、この内規に定めるところによるものとする。

(苦情対応の原則) 

第2条 苦情対応に当たっては、事実に基づき、誠意をもって迅速かつ適切に行うものとする。 

(苦情対応統括責任者) 

第3条 センター長は、職業紹介責任者の中から苦情対応統括責任者を1名選任し、その者に以下の業務を行わせるものとする。

(1)苦情対応内規の作成、見直し、変更及び保管
(2)全職員に対する苦情対応内規の周知徹底
(3)苦情案件の受付対応状況の統括
(4)苦情対応に関する関係行政機関等からの指導等への対応及びその関係者への周知
(5)その他本内規の各条に規定される事項 

(苦情対応の窓口)

 第4条 苦情対応の窓口は、原則としてその案件の紹介を担当した者が当たるものとし、その者が対応できない場合は苦情対応統括責任者が指名する者とする。 

(苦情対応票) 

第5条 苦情の対応に当たる者は、苦情の申出を受けた年月日、苦情の内容、対応の経過について、苦情対応票に記録し、適宜、苦情対応統括責任者にその内容を報告する。 

(関係機関との連携) 

第6条 苦情対応統括責任者は、関係法令に照らし、違法又は不法な内容を含む苦情等専門的な相談援助を必要とする苦情については、関係行政機関等と連携して対応するものとする。 

(苦情の申出先の周知) 

第7条 苦情対応統括責任者は、苦情の申出先として、管轄の公共職業安定所及び専門的な相談援助を行うことができる団体の名称・所在地・電話番号等についても、センター内の一般の閲覧に便利な場所に提示するとともに、パンフレット等を活用して周知するものとする。 

(関係機関を経由した苦情への対応) 

 第8条 苦情対応統括責任者は、センターに関わる求職者、求人者等からの苦情の申出を受けた管轄の公共職業安定所、専門的な相談援助を行うことができる団体等から、苦情に関する連絡を受けた場合には、求職者、求人者等から直接苦情を受けた場合と同様に、適切、かつ、迅速に対応するものとする。 

(苦情対応に関する情報の整理、活用) 

 第9条 苦情対応統括責任者は、適切かつ迅速に苦情対応を行うことができるよう、関係法令、苦情対応の具体例等、苦情対応に必要な知識・情報の取得に努めるとともに、苦情対応を行った場合には、その内容や問題点について整理し、その後の苦情対応に活用するものとする。 

(個人情報の保護) 

10条 苦情対応に当たる者は、苦情対応に関して求職者等の個人情報を知ったときは、別に定める個人情報保護に係る規程に則り適正に管理するものとする。 

(改 廃) 

 11条 この内規の改廃は、センター長の承認を得て効力を発効するものとする。 

 

 

附 則
この内規は、平成20年4月1日より施行する。

附 則
この内規は、平成26年4月1日より施行する。 

 

〒753-0072 山口市大手町 9-6 (ゆ~あいプラザ山口県社会福祉会館内)
社会福祉法人 山口県社会福祉協議会